Q&A ハローワークから貰える失業給付金とは?

会社を辞めたいですが、無職の期間の収入が不安です。

ハローワークではどんな手当がありますか?

ブラック企業を辞めたい。

しかし、家のローンもあれば生活費も必要。

そんなあなたを助けてくれるのはハローワークです。

ハローワークでは、失業から再就職までにこの3つの金銭的フォローをしてくれます。

  • 失業手当
  • 再就職手当
  • 就業推進定着手当

スポンサーリンク

失業手当とは

失業手当とは、正式には「雇用保険の基本手当」になります。こちらの概要は

雇用保険の被保険者の方が、定年、倒産、契約期間の満了等により離職し、失業中の生活を心配しないで、新しい仕事を探し、1日も早く再就職していただくために支給されるものです。

ハローワークインターネットサービス 参照

この手当が貰える期間については90日~360日と幅があります。

期間については退職理由や、辞める前の会社での勤続年数などで変わります。

再就職手当とは

再就職手当とは、再就職が出来た際に貰えるお金になります。

こちらについて、概要は下記の通りです。

再就職手当は、基本手当の受給資格がある方が安定した職業に就いた場合(雇用保険の被保険者となる場合や、事業主となって、雇用保険の被保険者を雇用する場合など)に基本手当の支給残日数(就職日の前日までの失業の認定を受けた後の残りの日数)が所定給付日数の3分の1以上あり、一定の要件に該当する場合に支給されます。支給額は、所定給付日数の支給残日数×給付率×基本手当日額となります。

ハローワークインターネットサービス 就職促進給付 参照

少しわかりにくいですね。簡単に要約すると

失業手当の期間が1/3以上残っている状態で就職できればお祝い金を上げますよ。ということです。

失業手当の期間が残っていない。または、まだ貰える状態では無い

といった場合には残念ですが貰えません

就業推進定着手当とは

就業推進定着手当とは、転職先での給与が減ってしまう場合に貰えるお金になります。

転職しホワイト企業でかつ給料も上がるような場合であれば何も考えることはありませんが、給料が下がってしまうことありますよね。

こちらについて、概要は下記の通りです。

就業促進定着手当は、再就職手当の支給を受けた人が、引き続きその再就職先に6か月以上雇用され、かつ再就職先で6か月の間に支払われた賃金の1日分の額が雇用保険の給付を受ける離職前の賃金の1日分の額(賃金日額)に比べて低下している場合、就業促進定着手当の給付を受けることが出来ます。

支給額は、(離職前の賃金日額-再就職手当の支給を受けた再就職の日から6か月間に支払われた賃金額の1日分の額)×再就職の日から6か月間内における賃金の支払いの基礎となった日数(通常月給制の場合は暦日数、日給月給制の場合はその基礎となる日数、日給制や時給制の場合は労働の日数)となります。

ハローワークインターネットサービス 就職促進給付 参照

離職前の給料と再就職先の給料の額を比較して

減ってしまっているようであれば貰える手当になります。

最後に

ハローワークからいただけるお金についてはこちらの3点になります。

参考になりましたでしょうか。

私もブラック企業から転職する際に3か月程度無職の期間がありましたが

各種手当をいただけたことでずいぶんと救われました。

ブラック企業に負けないよう、一緒に頑張りましょう。

では、また☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました