ブラック企業から転職。転職祝い金を貰おう。

リング
リング

なんとかブラック企業を辞めることが出来た。

そして、次の就職先も見つかって幸せだ。

無事、ブラック企業から離脱し、転職が出来た。

そんな幸せな毎日をお過ごしの貴兄に、さらに朗報です。

転職のお祝いがなんとハローワークから貰えてしまうのです。

今日はそんな転職のお祝い金の貰い方を調べて見ました。

「ブラック企業は辞めたいけど、生活費が心配で・・・」

と、なかなか踏ん切りがつかないこともあると思います。

でも、こうした国の制度を理解することで助かることもあると思います。

そんな方々の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

転職祝い金とは

国から転職のお祝い金がもらえるなんて、素晴らしい国ですね。

このお祝い金。正式には「再就職手当」と言うそうです。

こちらについて、調べたところ

再就職手当は、基本手当の受給資格がある方が安定した職業に就いた場合(雇用保険の被保険者となる場合や、事業主となって、雇用保険の被保険者を雇用する場合など)に基本手当の支給残日数(就職日の前日までの失業の認定を受けた後の残りの日数)が所定給付日数の3分の1以上あり、一定の要件に該当する場合に支給されます。支給額は、所定給付日数の支給残日数×給付率×基本手当日額となります。

ハローワークインターネットサービス 就職促進給付 参照

なんで、こういった文章はこんなに難しいのでしょうか。

簡単に要約すると

失業手当の期間が1/3以上残っている状態で就職できればお祝い金を上げますよ。

ということですね。

失業手当の期間が残っていない。または、まだ貰える状態では無い。

といった場合には残念ですが貰えません。

でも、ブラック企業を辞められた方は、失業手当が満額貰えるケースが多いですのでこの恩恵を受けれそうですね。

失業手当を満額貰える退職方法についてはこちらをご参考に。

お祝い金はいくら貰えるの?

転職祝い(再就職手当)はいくら貰えるのか?

一番気になるところですよね。

こちらについては計算方法がこのようになっています。

基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の2以上の方は、所定給付日数の支給残日数×70%×基本手当日額((注意1)一定の上限あり)。

基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上の方は、所定給付日数の支給残日数×60%×基本手当日額((注意1)一定の上限あり)。

注意1:基本手当日額の上限は、6,195円(60歳以上65歳未満は5,013円)となります。

ハローワークインターネットサービス 就職促進給付 参照

また、いつも通りわかりにくいですね。

例として、下記条件にて計算してみます

基本手当 7,160円

所定給付日数 240日

支給残日数  180日

所定給付日数が240日に対し、支給残日数が180日で再就職となっているため、支給残日数が所定給付日数の3分の2以上となりますね。この場合は

  180日×70%×6,195円=780,570円

思った以上にもらえますね。

いや~、ありがたい制度だ。

申請方法について

こんな素晴らしい制度。

さあ、どうやって申請するの?

申請書類はこちらになります。

  1. 受給資格者証
  2. 再就職手当支給申請書
  3. 関連事業主に関する証明書
  4. 派遣事業に関する証明書(登録型派遣労働者の場合)
  5. 雇用契約書(写)または労働契約条件通知書(写)
  6. 最初の出勤がわかるタイムカード(写)または出勤簿(写)
  7. 失業認定申告書(安定所の指示がある方。)
  8. 代理人による提出の場合は委任状

基本的には記入する書類は全てハローワークで貰えます。

気を付けなければいけないのは 関連事業主に関する証明書 について。

こちらは、再就職先が前職と関わりが無いですよ。

ということを、示さなければなりません。

まあ、ブラック企業の体質が嫌で転職しているのであれば関わりは無いと思うので大丈夫かと思いますが。

あと、再就職手当支給申請書

この2枚については再就職先に依頼してハンコをもらわなければならないので要注意です。

ちなみに申請期限は就職した翌日から一か月以内になります。

郵送でも受け付けされていますが、気を付けましょう。

最後に

ブラック企業を無事辞めれたけど生活費が無くなり、結果またブラック企業に入社。

そんな、負のループからは是が非でも抜け出したいですよね。

でも、一度このループにハマると抜け出すのは難しいです。

転職活動の一つ取っても面接は平日の日中に組まれるのが当たり前。

ブラック企業が平日に休みをとれると思っているのか!?

そうやってこのブラック企業スパイラルは永遠に続くのです。

今回の再就職手当などをうまく活用し生活費を確保、そしてまずは時間を作ってじっくりと転職活動をする。

あわせて副業を始めて、会社員としての収入以外の柱を作り、経済的自由を目指す。

これが今の働き方かもしれませんね。

私もこれからですがまずはブラック企業からは離脱できたので第一段階クリアーです。

ブラック企業で悩むあなたも、まずは一歩、行動することをおススメします。

ブラック企業で心身を壊す前に最善の手を打たれることを願っております。

では、また☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました