ブラック企業を辞める前に。今できることを考えてみませんか。

おはよごうざいます。

新卒でブラック企業に入社して、15年勤めあげた

ブラック企業で働くことのプロです。

 

今回はお勤めのブラック企業を辞める前に

一度立ち止まってお考えいただきたい件について

ブログ作成させていただきました。

  • 今働いている会社がブラック企業で辞めようと思う
  • もうこんな会社で働くのは無理。転職する。

とお考えのあなたに向けて作成させていただきました。

少しでもブラック企業で働く方のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

今の会社で出来ることは無いか考える

「今働いている会社がブラック企業である」

ということを前提にお話しさせていただきます。

私も前職ではかなりのブラック企業でした。

どれくらいブラック企業かというと

・毎月の残業時間が100時間越え。むしろ100時間なら短く感じるようになる。

・パワハラが当たり前。どこかで今日も指導という名の暴言が響いている

などなどといった環境でした。

しかし、夢をもって入った会社。

なんとか夢実現のためやれることは無いかと考えていました。

その答えが【社内での発言権を得る】ということです。

 

発言権を得ることで自分のやりたいことをやれる環境を作る。

そして、少しでも劣悪な職場環境をよくする。

そういったつもりで仕事に取り組むようにしておりました。

社内価値を上げて発言権を得る

発言権を得るためにやれることは何か。

そう考えて仕事に取り組むようになりわかったことは

社内での自分の価値を高めることでした。

 

会社では色々な仕組み、システムがありますが

まずはそれを理解するところから始めました。

そして、見えてきた問題点を改善提案として取り組むようにしました。

 

また、お客様からの評価も上げるように考えました。

当時は営業というポジションであったため、お客様から

頼られるよう色々な背策を施しました。

これらの取り組みについては何か一つでも突出して一番になれるよう考えて計画しました。

「この問題は彼に頼めば何とかしてくれる」

と言われる領域を作り、その領域を拡大していくことを意識しました。

 

社内貢献とお客様の評価を上げるように仕組むことで社内価値を

上げることに成功し一定の発言権を得ることが出来ました。

発言権を得て、会社を変えてみる。

社内での自分の価値を上げて発言権を得る。

ここまで出来たら会社の方向性を変えることが出来るのか試してみましょう

現状がたとえブラック企業でもそこから立て直すことが出来れば

社内での自身の立場はパイオニアになれます

 

「ブラック企業に入社してしまった」

と嘆く前に一度、出来ることは無いか考えてみましょう。

 

ちなみに私は会社を変えることはできませんでした。

むしろ、出来る範囲が増えることにあわせて業務負担も増加。

定着しない人員のために日中は営業、夜は経理…

作業量がただただ膨大でそれをこなすために深夜まで仕事を繰り返す毎日になっていました。

 

経営層は人員をコマとしか見ておらず

ブラック上司
ブラック上司

そんなに嫌なら会社を辞めれば良い

が口癖でしたね。

これでは良い会社になんぞなるわけありません。

今の会社では何もできない。という結論を出す。

「発言権を得て会社の方向性を変えてみる」

どうでしたでしょうか。

たぶん、無いも変わりませんね( *´艸`)

真っ当なブラック企業なら社員が何か言っても揺るがないです。

法律よりも社長の意見の方が上にある時点でお察しです。

 

でも、この「ブラック企業は変わらない」という結論を自分で出すことが重要です。

いつか転職をして前職を思い返すことがあるかもしれません。

その時に、「あの会社は本当に最悪だったな」と結論出しておくことで後悔をなくします。

まあ、ブラック企業のことなど振り返ることは無いと思いますがね。

自身の市場価値を高める

「色々やったけど、ブラック企業で働くことはもう限界」

その結論が出たのであればもう後は会社を辞めるだけです。

ここまで自分の社内での価値を上げるためにやった結果

実は自身の市場価値を上げることにもつながってきます。

 

  • 製造部門で働いていたがお客様との折衝も出来ます。
  • 営業部門で働いていたが経理も得意で財務諸表も読めます。

これらは全てあなたの実績です。

転職の際の強みになります

今までの努力は無駄にはなりません。

安心して転職活動をしましょう。

最後に

ブラック企業を辞める前に今できることを考えてみませんか。

社内価値を上げて発言を得て社内を変えてみる。

もしこれが出来るのであれば転職は不要かもしれませんね。

しかし、そう簡単にいかないのがブラック企業です。

ブラック企業である状態を良しと思う経営者がいる限り

変えることはできないでしょう。

 

「このブラック企業は最低である」という結論が出れば

あとは退職、転職に向けて進むだけです。

皆さまのより良い人生につながるように陰ながら応援させていただきます。

このブログがブラック企業でお悩みの方に少しでもお役に立てれば幸いです。

では、また☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました