ブラック企業からの離脱。転職するタイミングについて

リング
リング

「お前のためを思って言ってるんだ!!」

愛する上司からの叱咤激励、ありがたいてすね。

ならば、こちらからも一言

「お前からは言われたく無い!!」

上司との信頼関係0のあなたへ。

そんな環境で仕事をしていても何の成長もありませんよ。

今の時代、どんな大企業でも来年会社が残っているかわからない。

ましてやブラック企業なら来月も会社があるかわからない。

であれば自身の成長が出来る事が最低限のライン。

大切な時間をそんな会社で潰すなら、早く会社辞めてしまいましょ。

ということで今回は会社を辞めて転職する流れについてです。

このブログが見ていただいたあなたへ少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

転職するタイミング

「よし、転職しよう。」

そう決断されたあなたはもう大丈夫です。

車でもなんでも同じことだと思いますが、最初の一歩目が一番力を使う。

走り出しには力を使いますが、逆に入りだしてしまえば後は流れに乗るだけです。

つまり、決断をしたあなたは、転職の半分は既に済んだのと同じ。

少し言い過ぎですね(*´з`)

とは言え、転職を決めたのであればあとは行動のみです。

転職するにあたり

  • ハローワークにて求人を探す
  • 転職エージェントに登録し求人を見つける

この二つが一般的であり、おススメですね。

特に転職エージェントについては、自分の市場価値を確認するためにもすぐに登録をおススメしたいくらいです。

自分の職務経歴や希望を面談という形でお話しすることで該当する会社を紹介してくれます。

ちなみに、転職エージェントへの登録は私の知る限りは無料のモノばかりですので気軽に登録してみていただければと思います。

自分の市場価値を調べるにはこのサイトが便利ですね。

【転職NAVI専用URL】

※指定メディア以外使用禁止

こちらについては登録の仕方から市場価値分析まで、別のブログでアップしてみたいと思います。

在職中の転職

在職中に時間をやりくりして転職する。

一番理想的な形ですね。

どうしても、無職の期間が続いてしまうと収入面で不安な部分が出てしまいます。

なので、在職中に有給などをうまく使い転職活動をし次の就職先を決めたうえで退職をする。

例えば

  1. 転職エージェントに登録
  2. エージェントとの面談にて希望を伝える
  3. リストアップされた会社から希望の会社を選ぶ
  4. 志望企業へ面接
  5. 内定をいただいたうえで在職企業へ退職の意思を伝える
  6. 転職

6ステップで転職完了です。

早い方ですと2~3か月くらいで転職できますね。

転職活動期間は少し大変ですが、その後の人生が変わると考えここは頑張ってください。

とは言え、動き出してしまえば後は何とかなるものです。

応援してますよ。

退職後の転職

在職中に転職を決めてしまう。

この形が理想ですが、やはり理想でしかないですね。

そんなことできるのはホワイト企業です。

真のブラック企業は転職活動できるような余裕はくれません

モラハラやパワハラで精神を疲弊させ、長時間労働で身体を摩耗させる。

有給休暇なんて都市伝説。

そんな名実ともにブラック企業でお働きであれば在職中に転職活動なんて無理ですね。 

わかります。私も無理でした。

であれば、サクッと辞めてから転職活動しましょう

大丈夫です、辞めてからでも転職活動は出来ます。 

面接の際に「在職中になんで転職活動しないの?」なんてことを聞く面接官もいると思います。

というか、ほぼ100%聞かれます。

でも、大丈夫。

コンプライアンスを重視する会社であれば、長時間労働が定常的になっている会社を辞めたことであなたを責めることはありません

あなたが真のブラック企業サラリーマンであれば、真実をありのまま話せば問題ありません。

例えば「前職は長時間労働が定常化しており、残業が毎月150時間程度ありました。」

この話しをしてもまだ、在職中に転職活動をしないことをおかしいと言うのであればその会社はオススメしません。

何故ならその会社もブラック企業の可能性がありますから!!

退社後に転職活動をする場合の流れとしては

  1. 転職エージェントに登録
  2. エージェントとの面談にて希望を伝える
  3. 現職の企業へ退職通知
  4. リストアップされた会社から希望の会社を選ぶ
  5. 志望企業へ面接
  6. 転職

先に退職をするといってもやれることは早めにやりましょう。

転職エージェントへの登録はすぐにできます。

退職前に転職サイトへの登録は済ませてしまいましょう

また、最近は新型コロナウィルスの影響で面談は電話で済まされる場合もあります。

電話で30~60分話しをすることでこちらの希望をくみ取っていただけると思いますので、そこまで済ましたうえでブラック企業を退職しましょう。

最後に

世の中に会社は星の数ほどあれど、その中でもブラック企業に勤めてしまった。

その事実はもう変えることはできません。

であれば、ブラック企業で働いた経験を活かせるようにしましょう。

というかそう考えないと泣きそうになりますよね。

でも、大丈夫。

私が思うブラック企業で働く方は真面目で優しい方が多いと思います。

複数のタスクを同時に進行しながら他部門の仕事も見ることになって、結果仕事の量が尋常じゃないことになっているんだと思います。

逆説的な話しになりますが、それだけの処理能力があるのであればどんな仕事でもやっていけます。

上司からは「こんな時期に転職なんて甘いことを。」と言われるかもしれません。

でも、それだけの能力があればどんな会社でもやっていけると思いませんか。

あとは、良い会社と巡り合えるかだけです。

この場合の良い会社とは大企業や一部上場企業といったことではなく、自分のライフワークバランスにあっており、自分のスキル、経験が活かせる会社になると思います。

良い会社と出会えるか。

今は色々な転職サイトもありますし、ハローワークでもネットで求人が探せる時代です。

今の会社で定年まで働けそうにないなと思ったら行動ですよ。

今日が一番若い日。頑張りましょう。

このブログがブラック企業で悩むあなたのお役に立てれば幸いです。

では、また☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました