【SDGsへの取り組み】ブラック企業を撲滅することの社会的意義

ブラック企業でお悩みの皆さま、おはよごうざいます。

新卒でブラック企業に入社してしまい、以降15年間ブラックな環境で働いた

いわば、ブラック企業で働くことのプロの私でございます。

今回は本ブログ【ブラック企業辞めたら幸せだった件】についてのSDGsへの取組について解説させていただきます。

このブログを始めたきっかけ、そしてブラック企業がなくなることで

人が、社会が、世界が良くなるということをSDGsの概念と組み合わせながらお話させていただきます。

ブラック企業は社会にとって害悪以外の何物でもありません。ブラック企業を撲滅し豊かな社会を実現しましょう。

この記事で伝えたいこと

ブラック企業が存在することで人、社会が疲弊していきます。持続可能な発展目標のためにも世界中の人々がブラック企業を無くす意識付けになっていただければと思い作成しております。

ブラック企業から理解し、撲滅することで幸せな世界を実現しましょう。

そもそも私はブラック企業で長年働いておりましたが、現在はその呪縛から抜け出しワークライフバランスの整った、ちゃんとした会社で働くことが出来ています。ブラック企業がこの世から無くすことが、無事に転職できたワタシの責務だと思いこの投稿を作成させていただきました。

本記事を読むことでブラック企業で悩む【あなた】や【あなたの大事な人】が少しでも心が軽くなればと思って作成しております。

このブログがブラック企業で悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

SDGsへの取り組み

【ブラック企業辞めたら幸せだった件】におけるブログの発信を通じ、社会からブラック企業をなくす取り組みをすることによりSDGsを積極的に推進し、ブラック企業で苦しむ人の幸せな人生のお役に立つことで社会の持続的発展に貢献していきます。

ブラック企業が存在することで社会の公平性はなくなります。

社会の持続的発展のためにもブラック企業を撲滅しましょう。

今回【SDGs】の理念を考えるにあたり、5分類に分けて検討させていただきました。

  1. People(人間)
  2. Prosperity(豊かさ)
  3. Planet(地球)
  4. Peace(平和)
  5. Partnership(パートナーシップ)

本ブログについてSDGsの考え方からひも解いてみました。

一個人のブログではありますが、国連の働きとリンクさせてみましたのでご参考になれば幸いです。

 

1.People(人間)

本ブログを通じて、ブラック企業で労働する人をなくすことを目的としています。

ブラック企業で 【あなた】 の貴重な時間や労働力を搾取されることなく、健康で人間らしく生きていくことを応援します。

ブラック企業で働くということは【あなた】の時間、労働力が搾取されるということです。ブラック企業で働かない。これが一番大事ですね。

2.Prosperity(豊かさ)

ブラック企業が無くなることで正しい商習慣のある社会を目指します。

ブラック企業が労働者を不当に安い賃金で雇用することで社会での本来あるべき適性な賃金や商品単価を乱していることを是正することを目的とします。

これにより、ブラック企業で疲弊している【あなた】が本来得るべき労働における対価を適性にするとともに

ブラック企業が乱している社会における商品の適性単価を是正することで正しい行いをしている会社が経済成長できる社会を後押しします。

ブラック企業は人材を安い賃金で長時間労働をさせます。結果的に社会に循環すべき労働における対価、商品の適正価格が損なわれます

存在するだけで社会発展の邪魔ですね、ブラック企業は!!


3.Planet(地球)

ブラック企業がコンプライアンスを無視した形で利潤の追求をすることを無くします。

法令を遵守し、正しい会社経営をしている会社が業績を伸ばせるよう応援しています。

そのために「ブラック企業とは」を各方面へ発信することで誤ってブラック企業に入社する不幸な人を減らし、ブラック企業が社会から淘汰されることを望みます。

当たり前のように法令違反を進めてくるブラック企業。

グレーゾーンではなく、ブラックな運営方法で業績を伸ばすのは社会から見ても害ですね。早く社会から淘汰されることを願います。

4.Peace(平和)

ブラック企業がパワハラで人を支配する社会を無くします。

長時間労働、絶え間なく浴びせられる罵声

パワハラで【あなた】の人生が狂わせられることが無いよう、公正で平和な社会を実現するために

ブラック企業を辞めて幸せになれる方法を随時発信していきます。

長時間労働とパワハラは【あなた】から正常な判断力を奪います。

ブラック企業で働いてしまうと周りが見えなくなるのは仕方のないことです。「何かおかしい」と感じれるきっかけがブラック企業から抜け出す第一歩になります。

5.Partnership(パートナーシップ)

ブラック企業がどれだけ社会にとって害であるかを理解してもらい、すべての企業、個人が協力してより良い社会の創出をすることを目的とします。

ブラック企業で【あなた】が疲弊し人生を無駄に過ごしてしまうことが無いよう協力できる社会を目指します。

そのためにブラック企業を社会から根絶しブラック企業で悩む人がいない社会を作ります。

ブラック企業を社会から根絶する。

それだけで世界から平和と秩序とその他もろもろが手に入ります。

ブラック企業を駆逐するお役に立てれば幸いです。

最後に

ブラック企業の存在がミクロにもマクロにも悪い影響を与えていることはご存じでしょうか。

ミクロ(個人)への影響についてはいうまでもなく、個人の労働力の搾取、それにおける健康被害などなど…になりますね。

マクロ(社会)への影響については、ミクロの影響として個人の労働力を不当に安く手に入れることで製品単価における人件費を安く抑え、結果商品単価を不当に安くしてしまうことで社会の健全な適性単価を壊してしまうことです。

近視眼的に考えれば「安く商品が買えてよかった」となるかもしれませんが、その考え方が浸透してしまうことで国のインフレ目標が達成できず、バブル後の失われた30年のように給料が上がらず、国として衰退につながることになります。

ブラック企業はミクロにもマクロにも害悪ですね。

SDGsからもそれが分かる稀有な例となりましたのでお話させていただきました。

 

今回はこちらの本を参考にSDGsを作成しました。ご参考になれば幸いです。

created by Rinker
技術評論社
¥1,188 (2022/01/22 14:59:22時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました