転職したら必ず実施。ハローワーク活用で新生活を攻略する方法。【ブラック企業転職マニュアル】

ブラック企業でお悩みの皆さま、おはよごうざいます。

新卒でブラック企業に入社してしまい、以降15年間ブラックな環境で働いた

いわば、ブラック企業で働くことのプロの私でございます。

今回はブラック企業から無事転職できたあなたへ【転職後にすべきこと】についてお話しさせていただきます。

無事転職おめでとうございます。

転職後は忘れないようにハローワークへの申請を行いましょう。

新生活を豊かにするだけのお金がもらえますよ。

明るい人生設計のためにも 【転職後にすべきこと】を確認しましょう。

ブラック企業を退職、明るい未来のために 【転職後にすべきこと】を確認して人生をより豊かなモノにしましょうね。

この記事で解決できること

ブラック企業から転職後に【あなた】がすべきことを解説します。今回の内容を実施することで新しい人生を始めるのに十分なお金をハローワークからもらうことができますよ。

今回のブログで転職活動での「困った」を解決できればと思っております。

そもそも私はブラック企業で長年働いておりましたが、現在はその呪縛から抜け出しワークライフバランスの整った、ちゃんとした会社で働くことが出来ています。ただ、過去の私のようにブラック企業で人生を狂わされる人が少しでも減るように情報発信は続けていきたいですね。

本記事を読むことで【あなた】と【あなたの大事な方】が無事ブラック企業からの呪縛に打ち勝てるよう情報を発信していきます。

転職後にすべきことについて

ブラック企業から無事転職、おめでとうございます。

こんな幸せなことは無いですね。

無事転職できました。

人生がこんなに幸せなんて、初めて知りました。

転職おめでとうございます。

今回お話する【転職後にすべきこと】を必ず実施して、ハローワークからがっつり貰っちゃいましょ。

【転職後にすべきこと】、それは【ハローワークへの申請】になります。

これは前職であるブラック企業を退職後にハローワークで退職に関わる申請を行っていないと利用できません。

【退職時】にはかならず【ハローワーク】で申請しましょう。

初めての【ハローワーク】への申請についてはこちらをご参考にしてくださいね。

そんな働く私たちの味方の【ハローワーク】は転職後もこれらの失業手当でフォローしてくれます。

  1. 再就職手当
  2. 就業推進定着手当

この二つの手当については転職した後で自分で申請をしないともらえない仕組みになっています。

必ず、忘れずに申請しましょうね。

checkpoint

転職できたら次は【再就職手当】と【就業推進定着手当】を申請しましょう。これを実施するかしないかで100万円の収入の差が出る場合もありますよ。

今回の【再就職手当】と【就業推進定着手当】を最大限に貰おうと思うと初回ハローワークである申請が必要になります。

その申請についてはこちらのブログをご参考にしてください。

転職後に貰える手当の【受給資格】について

転職後に貰えるお金とは?

再就職をすることでハローワークからお金をもらうことが出来るのです。

それがこちらの二つです

  • 再就職手当
  • 就業推進定着手当

この二つの【受給資格】について順番に確認していきます。

転職してからもハローワークから手当が貰えるんだね!?

ありがたい…!!

ハローワークから手当は貰えるけど、それらは貰えるかどうかの線引きがしっかりあります。

期限もあるので気を付けてね。

再就職手当について

再就職手当。こちらはその名の通り、再就職が出来た際に貰えるお金になります。

ハローワークから転職のお祝い金がもらえるなんて、素晴らしい国ですね。

こちらについて、概要は下記の通りです。

再就職手当は、基本手当の受給資格がある方が安定した職業に就いた場合(雇用保険の被保険者となる場合や、事業主となって、雇用保険の被保険者を雇用する場合など)に基本手当の支給残日数(就職日の前日までの失業の認定を受けた後の残りの日数)が所定給付日数の3分の1以上あり、一定の要件に該当する場合に支給されます。支給額は、所定給付日数の支給残日数×給付率×基本手当日額となります。

ハローワークインターネットサービス 就職促進給付 参照

少しわかりにくいですね。簡単に要約すると

失業手当の期間が1/3以上残っている状態で就職できればお祝い金を上げますよ。

ということですね。

失業手当の給付期間が1/3以上残っているかどうか。

自分の状態をチェックしてくださいね。

失業手当の期間が残っていない。または、まだ貰える状態では無い。

といった場合には残念ですが貰えません

でも、ブラック企業を辞められた方は、失業手当が満額貰えるケースが多いですのでこの恩恵を受けれそうですね。

受給資格

再就職手当は転職時に失業手当の給付期間が1/3以上残っていれば貰う資格があなたにはあります。自分の失業手当の給付期間と転職したタイミングを確認してください。

就業促進定着手当について

ブラック企業とは言え、長年働けばそれなりの給料になっていました。

そんな方もいらっしゃると思います。

転職しホワイト企業でかつ給料も上がるような場合であれば何も考えることはありませんが、給料が下がってしまうことありますよね。

なんとかホワイト企業に入社したけど給料が下がってしまった。

残業しないように業務量が管理されているけど、逆に残業代が無い分給料が減っているよ。

転職して給料が下がってしまったあなたへ。

【就業促進定着手当】 を申請してみませんか。

そんな場合はこちら【就業促進定着手当】がもらえます。

就業促進定着手当は、再就職手当の支給を受けた人が、引き続きその再就職先に6か月以上雇用され、かつ再就職先で6か月の間に支払われた賃金の1日分の額が雇用保険の給付を受ける離職前の賃金の1日分の額(賃金日額)に比べて低下している場合、就業促進定着手当の給付を受けることが出来ます。

支給額は、(離職前の賃金日額-再就職手当の支給を受けた再就職の日から6か月間に支払われた賃金額の1日分の額)×再就職の日から6か月間内における賃金の支払いの基礎となった日数(通常月給制の場合は暦日数、日給月給制の場合はその基礎となる日数、日給制や時給制の場合は労働の日数)となります。

ハローワークインターネットサービス 就職促進給付 参照

離職前の給料と再就職先の給料の額を比較して

減ってしまっているようであれば貰える手当になります。

新しい職場、初年度から給料面で優遇されれば良いですが、

下がってしまうこともしばしば。

特にブラック企業から離れるために転職の希望としてワークライフバランスを

優先するとどうしても給料面で下がってしまうことありますね。

その際にこちらを活用してください。

減っている金額の全額を保証するものではありませんが、手当としていただけるのはありがたいですね。

受給資格

転職して半年間働いて上で、前職と比較して給料が減っているようであれば 【就業促進定着手当】 を貰う資格があります。

再就職手当はいくら貰えるの?

では、それぞれの手当は実際にいくら貰えるのでしょうか。

就業推進定着手当は転職先の収入で変わりますので、今回は再就職手当を計算してみます。

こちらについては計算方法がこのようになっています。

基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の2以上の方は、所定給付日数の支給残日数×70%×基本手当日額((注意1)一定の上限あり)。

基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上の方は、所定給付日数の支給残日数×60%×基本手当日額((注意1)一定の上限あり)。

注意1:基本手当日額の上限は、6,195円(60歳以上65歳未満は5,013円)となります。

ハローワークインターネットサービス 就職促進給付 参照

また、いつも通りわかりにくいですね。

例として、あざらしさんの場合で計算してみます

あざらしさん
あざらしさん

失業時の基本手当は 7,160円

所定給付日数 240日 と認定されました。

再就職して支給残日数 180日 残ってました。

所定給付日数が240日に対し、支給残日数が180日で再就職したとします。

支給残日数が所定給付日数の3分の2以上となりますね。

基本手当が7,160円ですが、上限は6,195円のため、計算は

  180日×70%×6,195円=780,570円

どうでしょうか。

これだけ貰えれば新たな門出を気持ちよく迎えれるのではないでしょうか。

再就職手当の申請方法

絶対欲しい再就職手当。

どのように申請したら良いの?気になりますね。

申請書類はこちらになります。

  1. 雇用保険受給資格者証  
  2. 再就職手当支給申請書  
  3. 関連事業主に関する証明書  
  4. 派遣事業に関する証明書(登録型派遣労働者の場合)
  5. 雇用契約書(写)または労働契約条件通知書(写)
  6. 最初の出勤がわかるタイムカード(写)または出勤簿(写)
  7. 失業認定申告書(安定所の指示がある方。)
  8. 代理人による提出の場合は委任状

基本的には申請のための書類は全てハローワークで貰えます。

ただし、再就職先で準備してもらう必要のある書類もありますので注意しましょう。

気を付けなければいけないのは 関連事業主に関する証明書 について。

こちらは、再就職先が前職と関わりが無いかというこということを、示さなければなりません。

関連事業主に関する証明書

再就職先が前職と関係ないことを

証明するモノですね。

ブラック企業の体質が嫌で転職しているのであれば

関わりは無いと思いますが…

また、再就職手当支給申請書

この2枚については再就職先に依頼してハンコをもらわなければならないので要注意です。

ちなみに申請期限は就職した翌日から一か月以内になります。

郵送でも受け付けされていますが、気を付けましょう。

申請における注意点

【再就職手当】の申請については再就職の翌日から一か月以内の申請になります。また上記枠内の2,3,4,5,6は就職先にも手伝ってもらう必要があるので早めに申請準備をしましょう。

就業促進定着手当の申請方法

せっかくブラック企業を辞めれたのに給与が減って困っている。

そんなあなたに絶対申請して欲しいこの

申請書類はこちらになります。

  1. 雇用保険受給資格者証
  2. 就業促進定着手当支給申請書
  3. 賃金台帳の写し又は給与明細書の写し
  4. タイムカード等出勤簿の写し

1,2の書類についてはハローワークから送られてきます。

3,4は就職先にて準備しましょう。

手当の額についてはケースバイケースになろうかと思います。

しかし、新生活の足しにはなると思いますので必ずこちらも申請しましょう。

申請における注意点

【就業推進定着手当】の申請については再就職の6ヶ月後の翌日から2ヶ月以内の申請になります。また再就職手当を支給されている人が条件になりますので気を付けてください。

最後に

仕事はお金じゃない。やりがいなんだ。

そう思っていた時期が私にもありました。

今でもそう思いたい気持ちはありますが、

生活のためにはお金は大事ですね。

 

かといって、ブラック企業で心身ともに疲弊し

身体を壊しては元も子もないです。

 

可能であれば全てのブラック企業が無くなり、

働く人が笑顔で幸せになれる世の中がこればと思います。

 

ブラック企業転職マニュアルも次が最終回です。

退職、転職前に情報を入手して少しでも新生活を有利に進めてください。

このブログがブラック企業で悩むあなたのお役に立っているのであれば幸いです。

では、また☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました