長時間労働は自己都合を会社都合に変える。ブラック企業を辞める前に準備すること。

リング
リング

「定時を回った。さぁ、ここからが本番だ」

そんな多重業務にお悩みの皆さまへ。それ、ブラック企業ですよ。

中小企業になればなるほど複数タスクで仕事をすることが当たり前になっていきますよね。

私も前職では20:00に出てくる資料を当日中に精査しなくてはならない・・・

なんてことが当たり前のように毎日ありました。

それでも残業代が出てくれればまだ我慢できるがそこは何故か目をつぶれという会社の姿勢。

疲れちゃいますね。

いつまでもそんな会社に縛られてしまうのであればいっそのことブラック企業を辞めていまいませんか?

今回はそんなブラック企業を辞める前にすべきことのお話しをさせていただきます。

会社を辞めると退職理由が自己都合が会社都合かの二種類に分けられます

どれだけ会社の労働環境が悪くてもブラック企業がちょっとやそっとで会社都合での退職を容認することはありません。

でも大丈夫。見てくれる人は見てくれています。

このブログを見ることで新たな門出を少し有利になるようになれるお手伝いできればと思います。

スポンサーリンク

失業手当の貰える期間の違い

退職理由が自己都合と会社都合で何が違うの?

気になるところですね。

こちらについて、退職理由の違いで失業手当の保障が変わってきます。

※失業手当、正式には雇用保険の基本手当という名称です。

自己都合の場合

倒産解雇等以外の事由による離職者(就職困難者を除く)図表
参考 厚生労働省 ハローワークインターネットサービス 参照 

会社都合の場合

倒産・解雇等による離職者(就職困難者を除く)図表
参考 厚生労働省 ハローワークインターネットサービス 参照 

と失業手当がもらえる期間が変わってきます。

また、自己都合の場合は給付開始時期が待期期間後の二か月後からもらえるようになりますが会社都合の場合は待期期間後すぐにもらえるようになります

待期期間は申請後7日間であり、こちらはどのような場合でも必ず発生します。

どうでしょうか。

自身の状況と照らし合わせてもらえればと思いますが、自己都合と会社都合で倍近く違う場合ありますよね。

ブラック企業ですり減らして、会社を辞めてもこんなケチをつけられる。

納得できないですよね。私はできませんでした(´Д⊂ヽ

自己都合を会社都合に

会社を辞めると、会社から事業所管轄安定所へ失業理由が報告されます。

この際に失業理由を自己都合として処理されていると思います。

これを変えることはできません!!

でも、大丈夫。ここからが本番ですよ。

ハローワークにて初回の手続きをする際に必ず離職理由が間違いがないかを確認されます

退職理由を自己都合から会社都合に変えることはできませんが、会社都合と同等の保障を受けることができるようになります。

離職理由には間違いはないが、就労環境が劣悪、不利益を被るような形での退職であったことを真実を説明してください

ブラック企業で当たり前の長時間労働はこれにあたります

正確には「退職直前3ヶ月間の残業時間が毎月45時間を超えていた」ことを証明することができればこちらに該当します。

ここで初めてブラック企業で良かったなと思うところですね(笑)

辞める前にするべきこと

長時間労働、残業過多を証明する資料を準備してください。

といっても何を準備すれば?となりますよね。

一番良いのはタイムカードをコピーしておくことです。

ただ、タイムカードはブラック企業の指示で改ざんすることを指導されている場合もあるので、タイムカードも証明には使えない。

その場合は下記のような資料も証明になる場合もあるそうです。スケジュール帳に出社、退社の時間を記載する。ブログ等で毎日の就業時間をあげる。といったことも証拠として受理される場合もあるそうです。

ただし、これはあくまでハローワークの担当者様、そしてそちらを判断される方の基準によりますのでご注意を。

可能であれば辞める3か月前からハローワークで相談するのが一番かもしれませんね

最後に

ブラック企業を辞めてもブラック企業のせいで頭を悩まさせられる。

こんな理不尽なことはありませんね。

私もブラック企業を辞めて失業手当をもらう際には自己都合だが長時間労働であったことを相談しました。

ハローワークの方も親身になって相談をうけてくれ、結果会社都合と同等の保障に変えてもらうことができました

ブラック企業で働いていると精神が疲弊し他人を信用することなんてなくなってくることもあると思います。

でも、しっかりと回りを見渡してみてください。

思っている以上にこの国は保障もしっかりとしており、正直に生きてきたあなたを救う手立てが確立されています。

そして、あなたが思っている以上に社会は優しさで出来ています。

たまには誰かに頼っても良いですよ。

一人で悩まずに、少しでも良いので一歩進んで今の環境を変えてみませんか。

今回のブログが誰かのお役に立てていれば幸いです。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました