ブラック企業を辞める方へ。病気の診断書で失業手当を早く貰う方法について。

おはようございます。

新卒でブラック企業に入社、以降15年間ブラック企業で勤めあげた

ブラック企業のプロです。

 

ブラック企業で働くと、長時間労働やパワハラなど

精神的にも肉体的にもきついことが多いですよね。

 

長時間労働は急性心筋梗塞発症リスクが2~3倍に上昇するなんて

研究結果もあるくらいですからね。

 

今回はそんなブラック企業で働き、病気になってしまった方へ向けて

お話しさせていただきます。

 

病気が理由で退職をした場合はもしかしたら失業手当が早く貰えるようになるかもしれませんよ。

 

今回のブログで少しでもブラック企業で悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

特定理由離職者で失業手当が早く貰える

毎日の残業で体調を崩し会社を辞めました。

生活費に家のローン、どうしよう…

体調を崩し、会社を辞めることになってしまった。

そんなあなたへご提案です。

失業手当の申請の際に特定理由離職者になることをご検討してみてください。

 

会社を辞めると「自己都合退職」か「会社都合退職」かの二つに分類されます。

一般的に病気などの理由で会社を辞めた場合は自己都合退職にて処理されます。

 

病気を理由に退職したことを認められると特定理由離職者となり、会社都合と同等の保障を受けることが出来るようになります。

 

ちなみにハローワークからはこのような文面にて説明されていますね。

特定理由離職者の範囲

以下の正当な理由のある自己都合により離職した者

(1) 体力の不足、心身の障害、疾病、負傷、視力の減退、聴力の減退、触覚の減退等により離職した者

ハローワークインターネットサービス 特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲の概要 参照

 

「自己都合退職」か「会社都合退職」では保障が全く違う

退職理由が「自己都合退職」か「会社都合退職」で、実は保障内容が変わります。

※失業手当、正式には雇用保険の基本手当という名称です。

自己都合退職の場合は

倒産解雇等以外の事由による離職者(就職困難者を除く)図表
参考 厚生労働省 ハローワークインターネットサービス 参照 

会社都合退職の場合は

倒産・解雇等による離職者(就職困難者を除く)図表
参考 厚生労働省 ハローワークインターネットサービス 参照 

また、失業手当をもらうには通常、自己都合退職の場合は待期期間 2ヵ月+7日 が必要だが

会社都合退職の場合は 7日 の待期期間のみで失業手当が貰えるようになる。

 

特定理由離職者の場合は会社都合退職と同等の保障を得ることが出来るのでありがたいお話しですね。

認定されるには診断書が必要になります

ハローワークで特定理由離職者を申請するにあたり、色々と準備が必要になります。

何かというと「お医者さんで診断され、お医者さんが病気を認めてくれた」という実績ですね。

その際に診断書を発行いただいて準備OKです。

 

こちらは、厚生労働省からもこのような文章で公開されてますね。

特定理由離職者の判断基準

Ⅱ 以下の正当な理由のある自己都合により離職した者

(1) 体力の不足、心身の障害、疾病、負傷、視力の減退、聴力の減退、触覚の減退等により離職した者

下記の①又は②のいずれかに該当したため離職した場合が該当します(①に該当するが②に該当しない場合は、この基準に該当しません)。

① 上記に掲げた身体的条件その他これに準ずる身体的条件のため、その者の就いている業務(勤務場所への通勤を含む。)を続けることが不可能又は困難となった場合

② 上記に掲げた身体的条件その他これに準ずる身体的条件のため、事業主から新たに就くべきことを命ぜられた業務(当該勤務場所への通勤を含む。)を遂行することが不可能又は困難である場合

【持参いただく資料】医師の診断書など

厚生労働省 特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲と判断基準 参照


いつもながらに国が作る文章は難しいですが、要約すれば

ちゃんとお医者さんで見てもらい、診断書をもらってください

ということですね(´Д⊂ヽ

 

ただ、最終的に判断するのはあなたが行くハローワークです。

可能であれば会社を辞める前に一度相談に行き、

何が必要か、そもそも自分は該当するのか

といったことを確認してくださいね。

最後に

「ブラック企業で無理して働いて病気になってしまった…」

そんな方へお話しです。

無理してブラック企業で働く理由はなんでしょうか。

 

「生活費を稼ぐためには嫌な仕事でもしなければいけないじゃないか!!」

もちろんお金は必要だと思います。

でも、少し考えてみてください。

今働いている会社で定年までずっと仕事をしたいと思えますか?

定年まではちょっと…と思うのであれば転職を考えるのも一つの手段だと思います。

 

なんだかんだで国の保障は充実しています。

  会社を辞めれば失業手当

  再就職すれば転職祝い金

色々な保障で収入の手助けをしてくれます。

 

ブラック企業の中で働いていると、その世界が全てに思えてしまうことがあります。

しかし、世の中選択肢は無数にあります。

そのことを忘れずに色々な角度から自身の人生をご検討いただければと思います。

 

このブログがブラック企業で悩んでいる方に少しでもお役に立てれば幸いです。

では、また☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました