ブラック企業の弊害。長時間労働で発生する健康被害。

リング
リング

「定時は8:00~だよ。でも、みんな自分の成長のために7:00前には出社してるけどね。」

遠まわしな同調圧力で残業を正義とする社風。

それ、もしかしてブラック企業かもしれませんよ・・・

仕事を効率化するために早朝出社する。

会社を利用して朝活をする。

そんな目標があっての早朝出勤であれば、それはとても素晴らしと思います。

でも、会社が強制(同調圧力)で早朝出勤をさせる。もちろんそこに賃金は発生しない。

そして早朝出勤を前提とした業務の割り振り。

こうなってくると長時間労働のループにハマってきますね。

自己成長と言われると拒否しにくい感覚に陥ります。

でも、会社側としては人件費タダの労働力確保が目当てになので要注意。

今日はそんな長時間労働が及ぼす影響について調査してみました。

長時間労働で悩むあなたへ今回のブログがお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

長時間労働における弊害

「まだまだ若いから大丈夫。」

そんなこと考えていらっしゃるのであればそれは大間違い。

もちろん体力があればある程度は頑張れると思います。

でも、どんな超人でも長時間労働が継続的に続くようであれば影響が出てきます。

まずは認識を変えること。そこが大事ですよ。

身体的影響について

長時間労働をすることによる身体的影響。

こちらについては興味深い研究結果がありました。

1か月間の1日あたり平均労働時間数が11時間を超えると、8時間前後の場合に比べて急性心筋梗塞発症リスクが2~3倍に上昇

参考  長時間労働が心身にもたらす健康影響 ~科学的エビデンスから考える~三重大学大学院医学系研究科公衆衛生・産業医学分野 教授 剔島 茂 著

産業21-94号Web.9.13.indd (johas.go.jp)

平均労働時間が11時間、一日の定時労働を8時間とすると3時間の残業を超えるとリスクが増大する。

たった3時間の残業で!!

残業の3時間なんて、3時間前に過ぎてるよ。

なんて労働実態が明らかになりそうなブラック企業で働いているあなたには驚愕の事実ですね。

また、これは私自身に起きた影響ですが長時間労働が続くと

  • 慢性的な疲労感
  • 肌荒れ(ステロイドを使わないと顔がボロボロ)
  • 体重が増加(それに伴い血液検査の結果が悪い)
  • 便秘、下痢を繰り返す

という影響がありました。

内蔵の不調が肌にまで出てくると末期だなという感覚でしたね。

対策

長時間労働における対策について。

こちらの対策は簡単です。

残業をしない。

これだけです。

でも、それが出来ないのが問題なんですよね。

ましてや長時間労働が当たり前のブラック企業の中にいるとおかしいと言えない風潮があります。

業務を見直しをして時間外労働をなくすことが出来るのであれば問題ないですが、残業を前提に業務の割り振りをされているようであれば具体的な対策が必要ですね。

部署異動をする

今働いている会社が悪いのではなく、どうしても忙しい部署なので長時間労働になっている可能性があります。

まずは、自分の社内を見渡して問題の無い部署があるのであれば部署異動を申請してみてはいかがでしょうか。

転職するまではちょっと・・・と思われているのであればまずは社内の立場を変えてみましょう。

改善する可能性もありますね。

36協定を利用する

36協定とは、正確には「時間外・休日労働に関する協定届」という名称になります。

労働基準法第36条に準ずることから36協定と呼ばれているみたいですね。

この協定より、会社は法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超える時間外労働及び休日勤務などを命じる場合、労組などと書面による協定を結び労働基準監督署に届け出ることが義務付けられています。

これを無視して残業をさせるような会社であれば外部からの力を利用して業務改善を図りましょう。

ただ、労働基準監督署が入ることになるので、社内で犯人捜しが始まる可能性もあります。

告発者が自分と知られてしまうとどんな立場になるか分かったものじゃありません。

そんな会社があれば怖いですね。

退職、転職する

長時間労働を強制する。

経営者は綺麗ごとを並べるが結局は経営者としての自分の利益を最大化させたいだけですよね。

サービス残業という無料の人材を確保しコストを削減する。

そんな会社であれば、早く辞めて転職しましょう。

身体を壊してまでそんな会社に捧げる必要はありません。

コロナ禍で転職とかできるの?

そんな声も上がりますが大丈夫です。私でも出来ましたから。

以前に作成したこちらのブログでもブラック企業からの転職について書かさせていただきました。

ご参考になれば。

最後に

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」

その言葉を信じて若いころから当たり前のように長時間労働をしてきました。

でも、大半の人が苦労の仕方間違えてますよね。

会社から言われるがままに業務を割り振られ、それをこなすだけの仕事。

やらされる仕事に成長は無いと思ってます。

自分からやる仕事、そこにこそ自己成長の余地があるのだと思います。

なんだかんだ理由を付けてサービス残業を正当化するような会社であればさっさと辞めてしまいませんか。

長時間労働は身体を壊すだけで成長はありませんよ。

もし、今ブラック企業で悩んでいらっしゃるのであれば、もう一度働き方について見直しをすることをおススメします。

会社なんて世の中に一杯あります。

自分にあった会社に転職することも選択ですよ。

今回のブログが長時間労働で悩んでいらっしゃるあなたのお役に立てれば幸いです。

では、また☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました