転職日記。転職して三か月が過ぎて。

おはようございます。

新卒でブラック企業に入社し15年間ブラック企業で働いたブラック企業のプロです。

 

毎日残業を繰り返し、月の残業時間は100時間を下回ったことは無いですが、

見込み残業というシステムのせいで残業代が適正に払われるこも無い。

そんな毎日に身も心も疲弊した毎日から脱出するために転職を決める。

今は残業も少ない良い会社に転職できて幸せな毎日です。

 

そんな私から転職して三か月を迎えて皆さまにお礼とご報告をさせていただきます。

もし、ブラック企業で今でも悩んでいらっしゃる方がいらっしゃればこのブログが少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

ブラック企業から転職

ブラック企業から転職。

これは実は凄い力が必要になります。

ブラック企業で働いていない人は気軽に

そんなに嫌なら会社を辞めれば良いじゃない

と言いますが、なかなか踏み切れないのが現状です。

何故そうなるのか?それはひとえにブラック企業の教育という名の洗脳の効果です。

ブラック上司
ブラック上司

お前みたいなやつが転職なんてできるか!!

この会社で役に立たないやつが他所でやっていけると思うなよ。

毎日こんな教育?をされれば自尊心はあっという間になくなります。

そして当たり前のように求められる長時間労働。

次第に転職を使用とする気力と気持ちを奪われていきますね。

 

もし、今ブラック企業で働いていて

「辞めたいけど転職できるか不安で…」

と思っているのであれば、それこそがブラック企業の弊害です。

一歩進む勇気があればその最悪な環境から抜け出すことは可能です。

この会社で定年まで働けるのかな?

と思うのであれば転職を考えるのも大事ですね。

結果論になりますが、もっと早く転職しておけばよかったと思いますよ。

普通の働き方をするにはリハビリが必要

15年間ブラック企業で働いた私が転職をするとどうなるのか。

まずは普通の働き方をすることについてのリハビリが必要になります。

転職して三か月が経ちますが未だに戸惑うことが多いです。

ブラック企業から転職された方に多いリハビリ項目はこのあたりでしょうか。

  • タイムカードを正しい時間に打刻する
  • 仕事を一緒に働く仲間に依頼することが出来る
  • 明るいうちに仕事を終え、家に帰ることに罪悪感を感じない

ブラック企業では長時間労働が当たり前ですが、タイムカードには定時でかえっているように

出社、退社時ではなく、定時にタイムカードを打刻するように最初に教育されます。

また、少ない人員で仕事を回すため同僚も同様に長時間労働。

そんな彼に仕事を依頼することなんぞできるわけもなく。

 

しかし、ホワイト企業は違います。

出社、退社時にタイムカードを打刻する。

仕事はチームでこなすのモノなので全ての業務を一人でこなす必要は無い。

そうやって仕事をすると残業も少なくなるため明るいうちに仕事が終わることも当たり前に。

 

いまだにブラック企業の感覚が抜けないのか、私はまだまだリハビリが必要です。

結果を出す必要がある三か月目

ブラック企業から転職する。

大事なことですが、転職はゴールでは無くスタート

この気持ちを見失うと転職先で良い結果を出せないですね。

そして、転職して三か月目はある程度の結果を出す必要がある時期

しっかりと成果を出していきたいですね。

  

私も転職して三か月になりましたので成果を出す必要性があります。

今回は異業種への転職になりましたので、そこをうまく利用し

異業種でのギャップを活用し成果を出すことに成功しました。

 

Aという業界では当たり前であったこともBの業界では新しい発想になる。

そんなことも良くあると思います。

転職で今まで得た経験を0にするのではなく、活用することが転職先で成功させるのに必要なことでしょうね。

 

ブラック企業でよくある一人で複数タスクを回す地獄のような日々も

言い換えれば複数業務をこなした実績につながります。

「製造から営業、経理まで出来ます。」

実はこれ、凄いことですよ。

ブラック企業で働くことは推奨しませんが、働いてしまったのであればその経験を最大限活用しましょう。

最後に

ブラック企業から脱出して約半年。転職して三か月が経ちました。

あっという間だなというのが今の気持ちです。

そして、今は本当に毎日幸せです。

 

この幸せを手に入れることが出来たのは支えてくれた家族や

転職の際に手伝ってくれた方々だと思っています。

いまはこの幸せを嚙み締めつつ、これからは

「仕事が忙しいから今はできない」

と我慢してきたことを全部やっていきたいと思います。

 

ブラック企業という最悪を知ったからこそ現状がどれだけ幸せなのかを実感できます。

そう思うと無駄な経験なんて無いのかなと不思議な感覚になりますが、ブラック企業は社会的にみても害悪でしかないので、やっぱり無くなって欲しいモノですね。

では、また☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました